Welcome

活動報告

2020-10-31 13:35:00

午前中に富士の冒険遊び場たごっこパークを訪問致しました。

最初の印象は、広い公園で子どもたちが本当に自由に遊んでいるという感じでした。

 

しかし「たごっこパーク」を運営している達也さんと美樹さんにお話を伺うと遊んでいる子たちはそれぞれ色んな問題を抱えており学校に行けなかったり、障がいで学校に通えなかったりと生活に大変苦労しているとの事でした。公園で遊んでいる時には問題はないが学校などでは騒いでしまい、教育委員会も学校も対応しきれていない現状を感じられました。

 

また、障がいを持って働いている方々と障がいを持っているお子さんのお母さまにもお話を伺いましたが、働いてらっしゃる方は障がいがあり職場で嫌な思いをずっとしてきているが働き口も少ないから我慢しながら仕事しているとの事で、お母さまは学校側から「何かあったらすぐに迎えに来てくれ」と言われていて仕事ができないと、どの方の話も生活が困っていてとにかく今すぐに対応してくれ!という強い思いがあり、とても胸を痛めました。

そしてなにより、遊んでいる姿からは想像できないくらいとても明るく楽しそうに遊んでいました。広い公園などで自由に行動するのは全く問題を起こさないので、学校などでは問題を起こしてしまうというのは、日本の教育に余裕がなくて、目が行き届かなくなってしまっているのだと強く感じました。

教育委員会の方々のお話も聴いていますので、まずは教育の現場に余裕を持てるように尽力していきます!!

お話いただき、ありがとうございました。